滋賀県テニス協会 細則

 

 規約第27条の規定により細則を次の通り定める。

 

1条 所在地

 協会本部事務所が開設されるまでの間、当協会所在地を理事長の自宅住所とする。

 

第2条 会費

 規約第6条に定める会費(加盟登録費)を次の通りとする。

 (1)団体会員: 構成員  1~9名  12,000

               10~19名 22,000

               20~49名 34,000

               50名以上 46,000

          (ただし、18歳以下のジュニアは構成員にカウントしなくてもよい)

 (2)個人会員: 一般:  5,000

          シニア: 1,500円(ただし、男子60歳以上、女子58歳以上でシニア委員会の開催する行事にしか参加できない)  

 (3)高体連テニス部:   12,000円  (中体連テニス部は当面免除)

 

第3条 常任理事の定数

 規約第111項及び4項に定める常任理事の定数を次の通りとする。

 (1)地域協会推薦者:   10人以内

 (2)会長・理事長推薦者: 20人以内

 (3)高体連・中体連・女子連推薦者:5人以内

 

第4条 委員会

 規約第18条に定める委員会として次のものを置く。
(1)総務財務委員会: 主要会議事務、会員管理、HPの運営管理等の総務事項、並びに、予算管理、決算、会計などの財務に関する事項を担当する。
(2)大会行事委員会: 滋賀県テニス選手権・県体等一般層の大会行事、全国都市対抗・マスターズ・スポレク等の全国大 会派遣などに関する事項を担当する。
(3)クラブ対抗委員会: 一般層のクラブ対抗に関する事項を担当する。

(4)普及指導委員会:  指導者の育成・管理、審判員の育成・管理等普及指導に関する事項を担当する。
(5)国体強化委員会:  国体への選手派遣、中高一貫強化等の国体級選手育成強化に関する事項を担当する。
(6)ジュニア委員会:  ジュニア層の大会行事及び普及・強化、県外大会派遣に関する事項を担当する。
(7)シニア委員会:   シニア層の大会行事、ねんりんピック等シニア層の全国大会派遣に関する事項を担当する。

第5条 会計
当協会の会計は別に定める会計規定に準拠して行う。

第6条 活動手当の支給
当協会活動に対する手当の支給は別に定める手当等支給規定に準拠して行う。

第7条 広報

 当協会の行事等に関する広報は、原則として会員(代表者)に対して行うが、ホームページ上でも公開することが出来る。ホームページ管理規定は別途定める。

 

第8条 改訂

 当細則は、平成17313日に制定し同年41日より施行する。当細則は、常任理事会の承認により改訂できる。ただし、会費の改訂については、規約第6条の規定により理事会で決定しなければならない。

 平成21年3月1日にアンダーラインの部分を改訂した。